ミシンの過去と現在

ミシンの過去と現在では

ミシンの全盛期と現在の性能

ミシンは、昭和の40年代には家庭で学校の雑巾や子供の手提げ袋などを製作する必要などがあり、何処の家庭にもある極一般的な機械でしたが、高度成長期には全ての物が安価に工場生産される様になり少しずつ家庭の保有率が下がり、主力製品をファックスに切り替えるメーカーもあります。現在ではハンドメイドの人気が高まっている事もあり、コンピューターを搭載した非常に高性能なミシンがリーズナブルな価格で市販化され、縫うだけでは無く様々な絵柄を縫う事が出来ます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 小型家電なら店舗買取でも All rights reserved